企業情報

COMPANY
トップ企業情報事業への思い

事業への思い

事業への思い

経営理念

事業領域

会社概要

沿革

事業所一覧

CSR活動

人にやさしい企業だからこそできる事

 

_1.jpg  トスコは2015年、創業40周年を迎えました。この40年の間、我が国日本は、経済だけではなく社会環境の面でも大きく様変わりしました。世界に例を見ない高度経済成長の後、バブル崩壊など経営環境の激変で、企業の価値観も、そして人々の価値観も大きく変貌を遂げました。すなわち、それまでの物量の豊富さ追求から心の豊かさ、精神的豊かさ追求への変化です。企業は大量生産から多品種少量生産へ、ハードからソフトへ、人々も金太郎飴から個性追求、個性尊重へと変化しています。

 社員も十人十色。今や会社は、従来のように経営トップの大方針の下、みんながヨーイドンで一斉にゴールへ向かって突っ走るというのではなく、大きな目標・ゴールは一つでも、まっすぐに走る人、キョロキョロ周りを見ながら走る人あるいは歩く人、後ろ向きで走る人、逆立ちしてゴールへ向かう人などなど、いろんな人たちを会社という大きな袋で包んで一つの力として発揮する、そういう会社が発展しています。社内で自由に意見を発表できる、論議できる、そういう会社でなければならないと思います。言葉を変えて言えば「経営の透明性」が重要ということです。

 他方で、世界は加速度的にグローバル化が進み、それを支える情報技術は秒単位で進化し続けています。そういう意味で、世界のどこでも同質の情報がリアルタイムで入手できる、いわばその面では逆に金太郎飴化していると言えます。社会の構造変革とともに、国が、企業が、そして個人が国境を越えてネットワークでリンクする新しい社会が始まっています。コンピュータは、私たちのあらゆる生活シーンでそのポテンシャルを発揮していますが、ソフトウェア開発を主体とする私たち情報サービス産業は、変化する社会を牽引する一翼を担っていると考えます。

 トスコは、その情報サービス産業界の中にあって、社会の変化に柔軟に対応しながら、独自のノウハウと技術力でトータルソリューション企業としての地位を築いてまいりました。そして創業以来40年間ずっとこだわり続けてきたことは、「人に対する思い」です。すべては「人の幸せのために」でなければならないと考えています。お客様に対しては、誠実にそして愚直に、お客様に最大限のメリットと付加価値を提供できるように真摯に仕事に取り組んでまいりました。また、そうすることが私たちの喜びにつながるような、人材=人財の育成と仕事の仕組み作りも行ってきました。お客様や社員はもちろん、トスコと縁のあった全ての人々が成長を感じ、喜びを享受できる、また、それが正のスパイラルになるようなそういう関係をこれからも築いていきたいと思います。

 _2.jpg変わっていくものと変わらないもの、継続性と普遍性を常に見極めながら、新しいものを生み出す。そしてそれが一人ひとりの喜びや感動になるよう、40年目を迎えた今も創業の思いを胸に、新たなるチャレンジを続けています。

株式会社 トスコ
代表取締役社長 橋本明三