採用情報

RECRUIT
トップ採用情報求める人材像

求める人材像

人に対する思い(人事戦略)

求める人材像

新卒採用

中途採用

人事教育制度

先輩社員からのメッセージ

「学校秀才」よりも「社会人秀才」。

そんなポテンシャルを感じられる人は速攻採用しますね。

 

当社の新卒採用の選考基準は、ズバリ社会人としてのポテンシャル、それをじっくり判断します。具体的にいうと、以下のようなイメージです。

自律とバイタリティ

コミュニケーション

論理的思考

思いを自ら行動に移して、成果に結びつけるまで熱心に何事もやり遂げられる人。

システムは使うのも作るのも「人」。言外の人の気持ちをも感じ取り、相手の立場に立って話をしたり、自分の思っていることをうまく伝えられる人。

筋道立てて結論を導き、自分の考えを相手にわかりやすく伝えられる人。

積極性と好奇心 柔軟性

社会の動きや身の回りの変化に敏感で、そこに必要なものや求められているものを感じとる姿勢のある人。

一つの観念にとらわれずに、さまざまな角度から物事を見て、自分なりの発想ができる人。

 

これらはおわかりの通り、一朝一夕で、ましてや机上の勉強だけでは決して学べないものばかりです。笑ったり感動したり、時には失敗したり挫折しながら、日々の生活の中で一つひとつ体験的に学んでいく事柄です。

また、トスコでは、理系だけではなく文系採用も積極的に行っています。 エンジニアとしての基本的な資質が備わっていれば、長い目で見ると、理系、文系はまったく関係ない、それが40年以上多くのエンジニアを育ててきた当社の出した結論です。学校で勉強したことがあるという、多少のアドバンテージよりは、社会人になったあとで、自覚を持って、どれだけ熱心にがんばれるか、仕事と向き合えるか、そちらの方がもっと大切だと考えます。

学校での成績だけがよい「学校秀才」よりも、おっ、こいつ面白そうだな、と思うこだわりを持って生きてきた人、いっぱいの感動を知っている人、何事にも一生懸命取り組んできた実感や実績を持っている、言わば「社会人秀才」のポテンシャル(可能性)のある人と、これからも多く出会いたいと思っています。