プロダクト

PRODUCT

誤計量・誤配合防止システム

概要

特徴

システム概要

お問い合わせ

システム概要

以下のチェックを行うことにより、誤作業防止を実現します。

  • 原料入荷チェック
  • 計量原料チェック
  • 計量チェック
  • 投入チェック
  • トレサビ検索

_4_0.jpg

処理の流れ

原料入荷チェック

  1.原料入荷入力で、現品票(バーコード/ICタグ)を発行&貼付

  2.原料の賞味期限、相手ロット№を紐付け

  3.上位システムより発注データ取込~入荷検品(※オプション)

_4_1.jpg

計量指示・投入指示書作成

  4.計量指示、投入指示を入力

   又は上位システムより指示データを受取り(※オプション)

  5.計量指示書、投入指示書の発行

投入原料チェック

  6.計量指示書のバーコードで指示内容確認

   又は、画面より計量指示一覧の表示/選択

  7.現品票(バーコード/ICタグ)で原料確認

_4_3.jpg

計量チェック

  8.計量(計量機データ連携)

  9.計量チェック、計量現品票発行(原料と容器の紐付け)

_4_4.jpg

投入チェック

  10.投入指示書のバーコードで投入指示内容の確認

  11.投入原料、バッチ№、投入順チェック

  12.投入

トレサビ検索

  13.計量・投入実績の検索

  14.上位システムへデータ連携(※オプション)

_4_6.jpg

※下記の図は構成の一例です。

 小分け用容器や計量機は、大きなものでも実現できます。

※お客様の計量・配合作業の実態に合わせてカスタマイズ致します。

※容器の素材や作業現場の環境によって、ICタグの活用が難しい場合があります。

 状況に合わせてご提案致します。

※生産管理パッケージ(CENTURION)との連携も実現できます。

_5_0.jpg

_5_1.jpg

_5_2.jpg